飛騨産業を買うなら12月の値上げ前の今がチャンス!秋のSALE開催中

飛騨産業の値上げ前SALE|ウッドショック・原材料の値上げの影響が飛騨の家具にも

最近よく聞く、「ウッドショック」そして原材料や輸送費の値上げ。家具メーカーや住宅メーカーが続々と値上げをしているという話を聞きます。そのウッドショックとは?また値上の影響が飛騨の家具メーカーにもでています。

ウッドショックとは?

2021年春頃から住宅に使うの柱や梁(はり)、土台などに使う木材の需給が高まり、木材の不足により価格が高騰し、大きな混乱が生じている世界的な状況の事です。かつてのオイルショックになぞらえて「ウッドショック」と呼ばれます。

様々な理由があると言われていますが、大きく3つの理由から世界的に値段が上がっています。

木材の減少

もともと北米での害虫被害によって木材が世界的に減っていたのですが、コロナ禍で労働者が減り、製材工場の稼働率は低下し、住宅や家具に使える木材が世界的に減少しました。

特にアメリカ・中国での建築ラッシュ

日本は景気が悪いと言われますが、世界的にはアジアやアフリカなどでも所得が伸びている国が多くあります。特にアメリカや中国では、住宅ローンの低金利政策がにより、郊外に新しく住宅を購入するようになりました。(コロナの在宅ワークも後押ししたとも言われます。)

コンテナ不足

日本で使われる木材はほとんどが外国産です。コロナの影響で日本へのコンテナが海外からなかなか来なくなったり、運送費が値上がりしています。

飛騨の家具も多くが北米材を使ってますので、ウッドショックの影響は逃れられません。

飛騨の家具もウッドショックの値上げ

飛騨の家具メーカーも北米材を多く使っており、値上げは避けられない状況と言われています。すでに各メーカーは2020年~2021年に掛けて1回値上、そして2022年にも2回目の値上げを予定しています。

  • 柏木工:2022年9月1日
  • 飛騨産業:2022年12月21日
  • イバタインテリア:2022年9月1日

メーカーによっては資材在庫が多いところ、長期で価格を契約しているところがあり、時間差での値上げになるかと思いますが、2022年~23年の間にどのメーカーにも2回目の値上げがあると言われています。

他にも国産家具メーカーに限らず、輸入家具のメーカー、ベッドメーカーなども軒並み値上げを予定しています。ご検討中の方は早目がおすすめです。

飛騨産業の家具をお得に買うなら値上げ前?

当店が得意とする飛騨産業も2022年の12月21日より2回目の値上げになります。今回は値上げ幅も5-10%と大きいため、ゼッタイにその前のご注文がお得です。(お届けは2023年でも可能です)

お見積りはご相談はコチラから。LINEやメールでお気軽にご相談可能です。

もし、家具の購入を検討されている方は、お早めにご相談ください。